フェア

結婚指輪

結婚式は夫婦となることを家族や親戚、友人や会社の方などに認められ、祝福してもらうことで、末永く一緒に暮らしていくという意味合いがあります。
多くの方に集まってもらうため、招待した方には感謝の気持ちをこめて披露宴でのお食事や余興、引き出物などを用意しておもてなしをする必要があります。
結婚式の費用の大半はそういったおもてなしのためにかかっており、参列者が増えればそれだけ費用は上がってしまいます。
お色直しを何回もやるような派手な結婚式なのに、料理の質や品数が少なかったり、引き出物の数が少ないような結婚式は参列者にとって心に残りませんし、悪い印象が残ってしまいます。
冠婚葬祭全般にいえますが、参列者を意識したセレモニーを行うのが重要です。

結婚式の費用は高額になりますが、ご祝儀がいただけるため、新郎新婦の負担額とは実際は3割程度になります。
そのため予算の7割はおもてなしのために使い、のこり3割をドレス代や映像演出などのオプションにするのが良いでしょう。
予算が厳しい場合は式場のランクを落としたりオフシーズンを選ぶことでコストダウンをする必要があります。
4月~6月や9~12月は結婚式のシーズンですのでどこの式場も値段は高くなる傾向がありますが、オフシーズンを避け、早い段階で式場を押さえることで大きな割引をしてくれる式場も数多くあるため、時期にこだわりがなければ利用してみると良いでしょう。
また式場の立地によっても値段が変わってきますので、開催場所から選びなおすのも良いでしょう。