場所

結婚式の人形

結婚式場選びを考える際に重要となるのは、挙式のスタイルをどうするかということです。
挙式スタイルとは、具体的には神前式・教会式・人前式などが挙げられます。
神前式とは、主に神社で行われる挙式のことです。
衣装は白無垢などの和装で、三々九度や玉串奉奠などの流れが決まっており、純和風な伝統を感じさせるものです。
教会式とは、主に教会のチャペルで行われる挙式のことです。
ウェディングドレス姿でバージンロードを歩き、神父の前で永遠の愛を誓う、といった結婚式の王道スタイルです。
人前式とは、神仏の代わりに列席者全員の前で結婚宣言をし、証人になってもらうというものです。
衣装や式次第に決まりがなく、自由な形式で挙式できるのが魅力です。

挙式スタイルが決まったら、それに合った結婚式場を選びましょう。
神前式は神社で行うのが一般的ですが、専門式場やホテルの建物内に神殿を所有しているところも多く、選択の幅が広がります。
教会式についても神前式と同様で、教会以外にもチャペルを保有している施設での挙式が可能です。
最近ではチャペルにこだわりを持っている式場も多く、海辺の砂浜に面したもの、ビルの高層階に作られたもの、バージンロードに花を敷き詰めたものなど、自分たちの式のコンセプトに合わせた会場を選ぶことができます。
人前式では、会場にも特別な決まりが無いので、基本的にはどこで挙げても構いません。
ガーデンで行うカップルも居れば、披露宴会場で披露宴のプログラムの一つとして取り入れてしまうカップルも居ます。